メニュー

耳管開放症(じかんかいほうしょう)

耳とのどをつないでいる管を耳管といい、通常は閉じていますが、耳管が開いた状態のままになってしまう病気を耳管開放症といいます。 主な症状として、自分の声や呼吸音が耳や頭に響いてしまう(自声強聴)、めまい・耳鳴り、耳の閉塞感、聴力低下などがあります。

症状

  • jikan耳閉感・耳鳴り :耳がボーっとしたり、耳がふさがった感じ
  • 自声強調 :自分の声が響く
  • 自分の呼吸音(鼻呼吸)が耳に響く
    (時にめまいや難聴が起こることもあります)

耳管とは? (右イラスト参照)
耳管は、中耳とのどの奥をつないでいて、中耳内の内圧を調整する大事な器官です。 耳管に異常があると、耳がつまった感じが続いたり、自分の声が大きく聞こえたりするなど、不快な症状が起こります 。 耳管ののど側の出口を「耳管咽頭口」といい、あくびをしたり、物を飲み込む時に開きます。

原因

耳管開放症はストレスが原因になっている場合が多く、男性では正常人と比較して、頭痛、手足の冷え、たちくらみなどの末梢循環の障害があり、気力や神経質などの精神面の障害がある方に多いようです。女性では正常人と比較して、寝付き、眠りの深さなどの睡眠障害があり、顔色やたちくらみなどの末梢循環障害があり、疲労感や神経質などの精神面の障害がある方に多いようです。また、顎の関節が痛む「顎関節症」の方に多いです。

治療

治療は大きく分けて保存的治療と外科的治療になりますが、いずれにせよ決定的に優れた方法はありません。軽度のものは自然の経過でよくなることもあります。耳管の鼻側の開口部(耳管咽頭口)に注射をして膨れさせて開口部を狭くする方法や、薬を噴霧して耳管に炎症を起こさせて粘膜腫脹により耳管を狭くするといった方法も試されています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME