メニュー

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)

ある日突然に聴こえが悪くなる原因不明の神経性難聴をいいます。 難聴が再発したり、原因が分かると突発性難聴とは言いません。

症状

急に片耳が聞こえなくなる、耳鳴りがする、自分や他人の声が響いて不快に聞こえる。

原因

内耳の循環障害、あるいはウイルスによる内耳障害が原因ではないかと推測されていますが、原因は分かっていません。内耳の病気なので、めまい症状を伴うこともあります。 難聴の程度は、軽く耳が詰まった程度のものから、全く聴こえなくなる重度のものまで様々です。 感冒症状やストレスが誘因となるとも言われています

治療

聴力検査で難聴の程度を診断した上で、内服あるいは点滴により、ステロイドや循環改善剤を投与して治療します。 残念ながら全ての人が治癒するには至っておりませんが、早期の治療開始が重要です。 難聴の程度が重度の場合など、病状よっては入院での加療をお勧めすることもあります。 また、重度でめまいを伴う場合、症状の出現から治療開始までの期間が長くなる程、回復が遅れる傾向があるようです。メニエール病、内リンパ嚢孔、聴神経腫瘍、神経性低音性難聴などとの鑑別診断が必要です。

予防

耳に異常を感じられた時には、早めに耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME