メニュー

癒着性中耳炎(ゆちゃくせいちゅうじえん)

鼓膜がへこんで、中耳の壁にくっつく病気です。割合的には慢性中耳炎の約10%とさほど多い病気ではなく、滲出性中耳炎が治りきらず移行するケースが多いです。

症状

主な症状は難聴です。鼓膜が張り付いているため、外から音が入り込んでも振動できないためです。また、耳小骨も鼓膜に押さえつけられてしまうので、振動が内耳に伝わらず、かなり強い難聴が起こります。ただし、難聴の症状は片側の耳のみの場合が多く、両方の耳が聞こえなくなってしまうことは殆どありません。

治療

鼓膜をはがしてきちんと張り替える「鼓膜形成手術」を行います。また、耳小骨が破壊されている場合は、「鼓室形成術」も必要になります。これらの手術を行えば、聴力はかなり回復するでしょう。

ただし、耳管の働きが悪化していることが多く、せっかく手術を行っても、再び鼓膜がへこんできて再発しやすいという問題があります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME