メニュー

外耳道真菌症(がいじどうしんきんしょう)

shinkin外耳道炎や外耳道湿疹を起こして、外耳道がジメジメした状態になっているときに、幹部付近にカビ(真菌)が生える事をいいます。

症状

特に症状はありません。本人が知らないうちに治ってしまうことがほとんどです。

原因

外耳道炎や外耳道湿疹を起こして、外耳道がジメジメした状態になり、幹部近くにカビ(真菌)が生えることを言います。また、耳あかなどを栄養に真菌が繁殖し、皮膚にカビがはえる場合もあります。

治療

まずはきれいにカビを取り除き消毒します。その後、抗真菌薬を塗り、乾燥させ、カビが育つのを防ぎます。この方法で、ほとんどの場合治療できます。 ただ、外耳道が腫れていたり、狭い人は、通気性が悪く乾燥しにくいので治りにくいこともあります。 こうした場合、 処置として孔(あな)の開いた耳栓をして、空気が入りやすいようにします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME