メニュー

外耳道炎(がいじどうえん)

耳の中でも唯一外から触れられる部分なので、刺激を受けやすく、炎症を起こしやすいといえます。けがや病気の原因の多くは、耳掃除です。

症状

耳たぶをひっぱったり、口をあけて顎を動かすと痛むのが特徴です。
炎症を起こした部分が膿(うみ)をもち、耳だれとなることもあります。

原因

jikai1耳掃除で外耳道を傷つけたり、外耳道に水が入り、耳あかに細菌が感染することにより発病します。

外耳道炎には2種類あります。

  • 入り口付近に出来るおできのようなものは「急性化膿性限局性外耳道炎」。
  • 内側に起こる皮膚全体が赤く腫れる炎症は「びまん性外耳道炎」。

外耳道は約3.5cm程度あります。外耳道の皮膚は皮下組織が薄く、刺激に弱い。

治療

炎症が入り口付近の場合、軟膏(抗菌薬)を塗り、膿を出します。ほとんどはこれで治りますが、化膿している場合は、切開して膿を出します。
また、炎症が奥の方に出来ていて、鼓膜まで腫れが広がっている場合は、液状の点耳薬を使用する場合があります。

予防

耳に刺激を与える事を避ければ、再発することはあまりありません。日常の注意としては、外耳道をつねに清潔に保ち、手指、耳かきなどで外耳道の奥まで強くいじらないようにすることです。とくに水泳の前後では注意が必要です。 また、外耳道は、耳垢を奥のほうからベルトコンベアー式に出すので、耳掃除は、綿棒やタオルで軽くふく程度で充分でしょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME