メニュー

耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう)

耳管の病気の代表的なもので、耳管が狭くなり、空気の通りが悪くなる病気です。

症状

jikan耳閉塞感が多いのですが自分の声が耳の中で響くなどの症状がでます。また、 「航空性中耳炎(風邪のときに飛行機にのり、耳詰り・痛みなどの異常がでる)」は、最も軽い耳管狭窄症といわれています。

耳管とは?(右イラスト参照)
耳管は、中耳とのどの奥をつないでいて、中耳内の内圧を調整する大事な器官です。 耳管に異常があると、耳がつまった感じが続いたり、自分の声が大きく聞こえたりするなど、不快な症状が起こります 。

原因

ほとんどが風邪や副鼻腔炎などによって耳管が炎症を起こし、粘膜が腫れることが原因で起こります。その他、耳管の入り口(耳管咽頭口)の周囲にある軟骨に異常があったり、上咽頭に腫瘍がある場合にも起こります。

治療

治療は、「耳管通気療法」を用います。これは、鼻から金属製の管を入れて、耳管咽頭口から空気を送り込む方法です。また、風邪が原因の耳管狭窄症の場合、風邪が治ると耳管狭窄症も治ります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME