メニュー

耳介軟骨膜炎(じかいなんこつまくえん)

耳介全体が赤く腫れあがり、耳が熱をもって激しく痛み、全身の発熱もある。

症状

耳介(いわゆる耳たぶ全体)が赤くはれ上がり、ひどくなると熱を持ち激しく痛み、全身の発熱を伴うこともあります。 放置すると徐々に耳介を形作っている軟骨が壊死(えし)し、耳介が変形する事もあります。

原因

jikai1ほとんどの場合は、耳介のけがに伴って起こります。 外耳道炎が波及して起こることもあります。 まれに細菌に感染していないのに炎症を繰り返す「再発性多発性軟骨膜炎」もあります。 軟骨膜や軟骨は、感染に弱く、刺激などを受けると炎症を起こしやすくなります。軟骨には血管がない為、炎症を起こしやすいです。

耳介とは?

耳介とは 耳介軟骨膜という特殊な形をした軟骨でできています。軟骨膜炎や軟骨は感染に弱く刺激などを受けると炎症を起こします。(右イラスト参照)

治療

抗生剤を使用して早く炎症が治まるようにします。 重症の場合は入院が必要になることがあります。

予防

耳介を傷つけたり、外傷圧迫で耳介全体が腫れてきた時は、早めに耳鼻科を受診してください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME