メニュー

インフルエンザ

インフルエンザウイルス。A、B、C型があります。

症状

初めに悪寒、頭痛、その後高熱(39℃~40℃)・関節痛なども起ります。一般に重症化する事があります。安易に解熱剤は使わないで下さい。肺炎など重症合併症が多く報告されています。

  • 全身 ― だるさ・頭痛・腰痛・筋肉痛。
  • 呼吸器 ― 咽頭痛・鼻汁・鼻閉。
  • 消化器 ― 嘔吐・下痢・腹痛。 たりする)、難聴、めまいなどが出てくることもあります。

原因

飛沫感染が原因です。 毎年12月頃~3月頃にかけて流行します。 猛暑の年には、早めに流行します。
予防接種をして、2週間後から薬が効いてきますので、通常10月~11月の摂取をおすすめします。

治療

インフルエンザワクチンの予防接種をしましょう。かかってしまったら、次のことに注意します。

  • 水分を十分に補給しましょう。
  • 睡眠を十分にとることが大切です。

インフルエンザは熱が下がっても、2日は安静にしていて下さい。

予防

手洗いうがいを、しっかりするようにしましょう。外出時にはマスクを、室内では加湿器で利用しましょう。 日頃から、体調管理を充分に行ってください。
また、単なるかぜだと軽く考えずに、早めに医療機関を受診して治療を受けましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME